NHKで放送された「AI美空ひばり」の歌声は、まだまだ不完全だ、人間をおびやかすほどではない。
 って、以前、このブログに書きました。

 ところが、すごいモノを見つけてしまいました。
 「AIりんな」です。

 合成音声で会話する、人工知能キャラクターとして生み出されたらしいのですが、今まで知りませんでした。
 なんか、ちょこっとそんなニュースを聞いたことがある、ぐらい…。

 ところが、この「AIりんな」が歌を歌うようになったとのこと。
 2019年4月にavexとレコード契約を結び、デビュー曲『最高新記録』をリリースしたらしいのです。

 ☆☆☆参考になったページ☆☆☆
 「AIりんな / 最高新記憶 (Music Video)」
 →https://youtu.be/_NPyt1AYUTg

 すごいですね。
 驚きました。

 「AI美空ひばり」の歌声は、正直、まだまだです。
 でも、それは、美空ひばりという、超一流と比較するから「まだまだ」という印象を持つだけなのかもしれません。

 「AIりんな」のように、特別うまくもない、いたって平凡な歌声としてリリースされると、人工知能の粗さが隠蔽されます。
 人間が歌っているのかどうか、判断できないレベルと言っていいでしょう。

 超一流と比較すれば、人工知能の粗さは目立ちます。
 でも、平凡との比較ならば、もう判別不能…。

 正直、ここまで人工知能が進歩しているとは、思っていませんでした。
 もろもろ、考えをあらためる日が近づいているのかもしれません。。。
 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加