こんにちは、声練屋やすべぇです。
 知識のとぼしいぼくが、あれこれ悩みながらWebサイトをWordPressで構築するにあたり、参考になったページをご紹介していきたいと思っています。

 Webサイトをつくったら、やっぱり、アクセス解析、したいですよね。
 ほんとなら「Google analysis」とか言うのが精密らしいですけど、登録とかしなきゃいけないので、まだいいかなぁ?
 まだ、ほとんど誰も来てないサイトですし・・・

 ですので、WordPress単体でアクセス解析できるプラグイン「Slimstat Analytics」を入れることにしました。

 ☆☆☆参考になったページ☆☆☆
 「初心者必見!WordPressでアクセス解析する方法とチェックすべきポイント」
 →https://briarpatch.co.jp/wp-accessanalysis

 WordPressのプラグインの導入はカンタン!
 管理画面のメニューから「プラグイン」→「新規追加」に入って、欲しいプラグインの名前を検索窓に入力すれば、すぐに見つかります。
 ほぼ英語なのがキツイけど、それ以外は、スマホのアプリをいれるのと同じぐらいの難易度ですかね。

 ただ、まぁ、プラグインによっては、設定の難しいものもありますか。
 今回入れた「Slimstat Analytics」は、設定もカンタンでした。

 たった2ヶ所。
 管理画面のメニュー「Slimstat Analytics」→「設定」→「Exclusions」タブのところの、
 「WP Users」を「ON(enable)」
 「ボット」を「ON(enable)」にするだけです。

 「WP Users」を有効にすると、自分も含めた、ログインしてるワードプレスの使用者の動きを記録しなくなるみたいです。
 「ボット」を有効にすると、Googleクローラーなど、ロボットでWebページ収集している動きを記録しなくなるみたいです。
 でも、本当は、上記参考ページのように、IPアドレスを入力してはじいたほうが正しいと思います。
 精密な解析結果がほしい人は、ユーザのIPアドレスを入れて、ボットのIPアドレスも、見つけしだい入力していくほうがいいでしょうね。
 ぼくみたいな誰も来ないサイトは、ボットも枯れ木のにぎわいなんですけど…(^^;

 あと、たぶんなんですけど、「General」タブの「Track Backend」がOFFになっていることを確認したほうがいいかとも思います。
 デフォルトでOFFなので、気づかなくても大丈夫ですけどね。
 おそらく「Exclusions」タブの「WP Users」と同じ意味っぽいので、バージョンが新しくなったら、なくなる項目かもしれません。

 さて、これでOK!

 ☆☆☆参考になったページ☆☆☆
 「初心者必見!WordPressでアクセス解析する方法とチェックすべきポイント」
 →https://briarpatch.co.jp/wp-accessanalysis

 ありがとうございました。

 

 たくさん来訪者が来てるって分かれば、Webサイトをつくる楽しみも増加するってものですよね。
 わくわくっ
 ・・・やっぱ誰も来ない(ーー;

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加